エンジニアリング-技術書

「EFFECTIVE TESTING WITH RSPEC 3: BUILD RUBY APPS WITH CONFIDENCE」の6章、7章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 Chap6 統合テスト(Getting Real: Integration Specs) Chap7 Structuring Code Example(コードイグザンプルを設計する) Getting the Words Right(言葉を正しく手に入れる) 共通のロジック…

「EFFECTIVE TESTING WITH RSPEC 3: BUILD RUBY APPS WITH CONFIDENCE」の4、5章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 概要(自分の感想) BDD(振る舞い駆動開発)を体験してみよう!(TDDかもしれない?)というコーナー。 RSpecならではのテスト・開発手法を擬似的に体験できるという感じ。 難易度は上がった…

「EFFECTIVE TESTING WITH RSPEC 3: BUILD RUBY APPS WITH CONFIDENCE」の3章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 RSpecの流儀(The RSpec Way) Specがあなたにもたらすもの(What Your Specs Are Doing For You) やりすぎるな!(Don't Overdo it!) Specsの異なる型(Different Types of Specs) 受け入れ…

オブジェクト指向設計実践ガイドの9章を読んだ(読了)

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 9章 費用対効果の高いテストを設計する 変更可能なコードを書くための3つのスキル 意図をもったテストとは 何をテストするかを知る いつテストするかを知る テストの方法を知る 受信メッ…

オブジェクト指向設計実践ガイドの7章、8章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 7章 モジュールでロールの振る舞いを共有する ロールを理解する オブジェクトに自身を語らせる 継承可能なコードを書く まとめ 感想 8章 コンポジションでオブジェクトを組み合わせる Arr…

オブジェクト指向設計実践ガイドの6章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 6章 継承によって振る舞いを獲得する クラスによる継承を理解する テンプレートメソッドパターンを使う フックメソッドを自分で実装する まとめ 感想 6章 継承によって振る舞いを獲得する…

「EFFECTIVE TESTING WITH RSPEC 3: BUILD RUBY APPS WITH CONFIDENCE」の2章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 書くことから(From Writing) あなたのSpecアウトプットをカスタマイズする(Customizing Your Specs' Output) フォーマットの過程(The Progress Formatter) The Documentation Formatter S…

オブジェクト指向設計実践ガイドの5章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 5章 ダックタイピングでコストを削減する ダックタイピングを理解する ダックを信頼するコードを書く 安定したものに依存する場合は、無理にダックタイプを作る必要はない 静的型付けにお…

「EFFECTIVE TESTING WITH RSPEC 3: BUILD RUBY APPS WITH CONFIDENCE」の1章を読んだ

あとから読みなおせるようにブログにまとめつつ読んでいます。 Effective Testing with RSpec 3: Build Ruby Apps with Confidence作者: Myron Marston,Ian Dees出版社/メーカー: Pragmatic Bookshelf発売日: 2017/09/09メディア: ペーパーバックこの商品を…

オブジェクト指向設計実践ガイドの4章を読んだ

あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 4章 柔軟なインターフェースをつくる インターフェースを理解する インターフェースを定義する パブリックインターフェースの特性 プライベートインターフェースの特性 パブリックインタ…

オブジェクト指向設計実践ガイドの3章を読んだ

3章 依存関係を管理する あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 3章 依存関係を管理する 単一責任のクラスにおける共同作業 オブジェクト間の結合(Coupling Between Object) 疎結合なコードを書く ラッパーメソッド インスタ…

オブジェクト指向設計実践ガイドの2章を読んだ

2章 あとから自分で読み直せるように、ブログにまとめつつ読んでいます。 変更が容易なコードを組むために必要な考え そもそも変更が簡単なコードとは? 変更が副作用をもたらさない 既存コードの再利用が容易である コードの追加への対応力が高い そのよう…

「メタプログラミングRuby」を読んだ感想

「メタプログラミングRuby」を読みました。 メタプログラミングRuby 第2版作者: Paolo Perrotta,角征典出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2015/10/10メディア: 大型本この商品を含むブログ (3件) を見る 物語形式で進む技術書で、主な登場人物は二…

「開眼! JavaScript」を読んだ感想

前からJavaScriptについてちゃんと勉強したいなー、と思ってたのでamazonで評判が良かった「開眼JavaScript」を読みました。 開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質 作者: Cody Lindley,和田祐一郎 出版社/メーカー: オライリージャパン 発売…