駆け出しエンジニアとして考える、今後の方針

2018年12月からプログラミングの勉強を初めて、現時点でだいたい10ヶ月目ぐらいになります。

エンジニアという職業を選択できたことはとても幸福だったし、今後もずっとこの職には関わっていきたい、と思っています。

ただ、どういったキャリアを目指すか、といった点については、自分はまだ曖昧なままです。

この記事は、そんなキャリアについての今後の概観と、あとは、勉強素材について、まとめておこうかな、ということで書き始めてます。

自分の性格とキャリア

キャリア、というのは「どう生きたいか」に深く関わるので、自分の性格と見直すのは大事だと思ってます。

自分の性格として「チームで働くこと」が大好きなので、フリーランスになる、という選択肢は今後たぶんとらないだろうなと思っています。

なんでチームで働くのが好きなのかはわかりません。今まで入ってた部活は文化系(軽音楽・文芸部)だけだったので、体育会系大好きってわけじゃないです。いや、チームスポーツ経験ないからこそ、チームっていう単位に憧れてんのかも。(青春を取り戻す的な。)ま、そこは謎です。

とりあえず、その上で、いったいどのようなエンジニアになるのか、どういった形のキャリアにしていくのか、ということを、最近よく考えます。

といっても、大枠では決まっていて、「技術的に強いエンジニアになる」というのは、絶対的なものとして考えてます。

自分の性格として、「不効率であること」がとても嫌いというのがあり、そんな状況を解決してくれる一つの策が技術力だと思っています。技術的な能力を上げることで、解決したい課題だったりを発見したときに、それを解決するための手法を実装する設計が思いつきやすくなり、かつ実装できるということを担保してくれる、と思っている、ということです。

もちろん、技術力というのも幅があるのは承知してますが、とりあえず、しばらく勉強は続けたいな、という感じです。

それで、なりたいエンジニア像決まってて、あとは何を悩むねん、というご意見があるでしょうが、僕が悩んでいるのは「マネー」についてです。

I want money

もともと物欲そんなにある方ではないのですが、転職のさいにお金に苦労したという面もあり、「早めにいっぱい稼げる人になりたい!!!」という気持ちがめちゃくちゃ強いです。

現状、26なんですけど、30までには「なかなか稼いでるじゃん」っていう位置には立ってたいんですよね。

となると、4年で結果出さないといけないわけで、正攻法だけでは難しい、というのもヒシヒシと感じているので、なにか、妙案はないかなあ〜というのを、考えてる、というわけです。

まあ、もちろん、詐欺まがいの変な方法で稼ぎたくはないなというのはあるので、できれば、エンジニアという職に関連して、かつ、楽しめながら副業とか出来ないかな〜…なんて…。まあ、そんなうまい話はなかなかないでしょうけど。

あと、一度海外で働いてみたい欲も強いので、それまでにお金貯めたいってのもあります。

いよいよむずいなあ。

まあ、とにかく、今は勉強と、仕事でパフォーマンス出すことが第一、って考えています!

あと、エンジニア同士で交流・協力していきたいなって思ってるので、ぜひ、声かけてください。未経験エンジニアの方とかも、聞きたいことあったら気軽に聞いてください。質問されると嬉しくなるタイプなので。

ここからは、これから学ぶ勉強範囲だったり、今年の目標だったりを書いとくメモです。半分自分用です。

英語

現在7月頃に受けたTOEIC830がベストスコアで、できれば今年中にTOEICを900点を目指したい。TOEICが役立つ英語かどうかみたいな議論あるけど、アメリカ人がTOEIC受けたらほぼ全員980ぐらい取ると思うし、つまり、TOEICである程度スコア取れるのは大事や(確信)。

Podcastでいっぱい英語聞いてたら、なんか聞き取り能力上がった気がする。900点取れたら、スピーキングもやってく。

勉強素材以下の予定

  • Podcast
  • 英文法の本(ロイヤル)
  • abceed(TOEIC対策アプリ)
  • 海外ドラマ(Apple TV)
  • Youtube(英語ゲーム実況)

データベース

バックエンドエンジニアとしてパフォーマンス出したいっていうのがあるので、DBにもちゃんと強くなりたいなってのがあります。(ただ、あんまり得意じゃないかもしれない。)

なので、以下の本を今年中にやろうかな、と。3割ぐらいは終わってます。

  • 達人に学ぶDB設計指南書
  • 達人に学ぶSQL徹底指南書

趣味の読書

文芸部に所属していたということもあり、「死ぬまでにアレは読んどかないとなあ」的な本が、まだ数冊あります。

小説は「即効性はないものの、じわじわと生き方に良い影響を与えてくれる」類のものだと思っていて、26になって、「ヒマで仕方ない大学生のときに格好つけて小説読んどいてよかった〜」と思うことも多いです。ですので、積読している以下の4冊(読みたいと思ってる)を、来年4月ぐらいまでには消化したいな!

アンナ・カレーニナを今年中に読みたい!

低レイヤー(CS・アルゴリズム・ネットワーク)

「じわじわと良い影響を与える」でいうと、このあたりの勉強も欠かせない…。ということで、以下資料は今年中にやっときたいというのがあります。一番下の本はめちゃくちゃ重そうなので、今年中は無理そう!

サーバーレス

AWSのLambda楽しそう!便利そう! ということで、1個アプリ作りたいんですよね。Sinatra使ってめちゃくちゃ簡素なやつは作ったことあるので、ほかになにかできないかな、と考えてます。これは今年中にやりたい。

RubyRails

ふだん業務でやってるし、やっぱ仕事の質を上げるためにもやっときたい。

おわりに

こんなもんかなあ。

jootoというRedmineのようなスケジュール管理アプリケーションを見つけたので、これでやっていこうと思います。